【さくらの親子丼】9話ネタバレ!未来はは私が決める真由子を支えた仲間の想い

さくらの親子丼

希望は、『ハチドリの家』を出ることになった。希望の裁判は子どもたちを変えて行った。

第9話、未来は私が決める。

「さくらの親子丼」9話視聴率

「さくらの親子丼」9話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「さくらの親子丼」9話あらすじ

真由子の病気

真由子が倒れてしまう。医師の話によると、すぐにでも骨髄移植が必要だった。

「実は、真由子さんは白血病です。」

『ハチドリの家』の子どもたちは、自分たちの骨髄移植を願う。でも未成年には親の承諾が必要だった。

「それでもね、私はあなたに生きて欲しい。」

真由子は、兄の骨髄だけはイヤがった。さくらと雪乃は拘置所に向かう。真由子の兄・祐二は了承しなかった。

桃子は祐二の弁護士にお願いする。裁判での情状酌量を考えた上で骨髄移植に同意した。そんな時、真由子が病室から抜け出す。

生きる希望を見つけた

「相手は兄貴なんだ。レイプされんだよ、その兄貴に。中学の時にね、それから何度もやられたんだ。親はそれを知ってて助けてくれようとしなかった。」

真由子は、何も信用できなくなった。兄の骨髄をもらうくらいなら死んだ方がいい。死んでからやり直す。真由子は、そう決めていた。

「いいか、生きたくても生きれない奴だっているんだぞ。」

みどりは母親から虐待されていた。家を飛び出して戻ると弟が風呂場で発見された。

「ありがとね、みどり。真由子ちゃん生きる気になった。あんたのお陰だよ。」

さくらと桃子は、祐二に会いに行く。真由子は兄からの骨髄移植を拒否した。

「それだけ、あなたがあの子を深く傷つけたんでしょ。ここの刻みなさい。これから反省の日々を過ごしなさい。拘置所へ帰れ!」

大樹は骨髄移植をするための検査を受ける。しかし、適合はしなかった。

見逃し動画配信サービス「さくらの親子丼」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「さくらの親子丼」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます!
・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です!
・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます!

・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

「さくらの親子丼」9話感想

コメント