【ちむどんどん】84話ネタバレと感想!房子と三郎のすれ違ったままの想い

朝ドラ「ちむどんどん」

房子と三郎は、なぜ結婚しなかったのか?和彦は三郎に、暢子は房子から聞き出す。

第84話、三郎と房子の過去。

「ちむどんどん」84話視聴率

第17週「あのとき食べたラフテーの」第84話が8月4日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」84話あらすじ

三郎の父親は沖縄から上京していた。会社を興して沖縄出身の人の支援をしていた。しかし、三郎には沖縄の言葉を話すことを許さなかった。

「両親は山原村から働きに来て、私は鶴見で生まれた。山原に残して来た姉が、あなたのお父さんの母親。」

鶴見で小さな屋台を持った時、三郎と出会った。客に絡まれた房子を三郎が庇ってくれた。

「相手は実業家の御曹司、釣り合うわけがないのに…惚れちゃった。」

三郎は家族に大反対される。房子は手切れ金を渡され姿を消した。三郎は見合い結婚をする。2人はお互いを捨てたと思っていた。

「思いはすれ違ったまま、お互いを憎んでいると思ったままってことか。」

良子が沖縄から出て来る。『フォンターナ』が嫌がらせを受けていることを知られてしまう。

「悪い人に嫌がらせを受けて、お店が潰れそうなくらい困っているのは銀座のフォンターナのオーナーの房子さん。」

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」84話感想

コメント