【ちむどんどん】73話ネタバレと感想!ひとりぼっちの優子が運命の再会

朝ドラ「ちむどんどん」

もう話してもいいよね、長い話になるけど聞いてくれるね。ウークイの夜、優子は昔の話を始める。

第73話、運命の再会。

「ちむどんどん」73話視聴率

第14週「ウークイの夜」第73話が7月20日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」73話あらすじ

1944年(昭和19年)那覇、優子は両親・祖父・姉・弟と暮らしていた。姉の時恵は琉球舞踊がうまかった。

「お父ちゃんはウチの店で働いていたさ。お店の名物はそばだったよ。」

芸人一座の下っ端だった賢三は、生活が苦しくなって本土に出稼ぎに行った。そして大城と出会う。

「お父ちゃんは戦地でのことほとんど話さなかった。ただ一度だけ、すごく後悔していることがあると言っていた。」

戦争が始まり、賢三は中国に渡った。自分が正しいと思うことができなかった悔しさを抱えていた。

昭和19年10月10日の大空襲で那覇は焼け野原になった。優子の祖父母は亡くなり、米軍が上陸してきた。

「ウチと弟はアメリカ軍に捕まって、捕虜収容所で終戦を迎えた。」

賢三は沖縄に帰ることができなかった。大城の元でお店を手伝うことになる。翌年、沖縄に帰ることになった。

「お父ちゃんは自分の親兄弟が収容所にいるんじゃないかと探しに来てた。…運命の再会だと思った。」

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」73話感想

コメント