【ちむどんどん】66話ネタバレと感想!家族の思い出の味ポルチーニのリゾット

朝ドラ「ちむどんどん」

智は会社が軌道に乗り始め、和彦と愛の結婚も近い。暢子は山原に短い手紙を出していた。

第66話、ポルチーニのリゾット。

「ちむどんどん」66話視聴率

第14週「渚の、魚てんぷら」第66話が7月11日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」66話あらすじ

『沖縄角力大会』が近づいていた。年に一度の県人会の余興、智が2年連続で優勝していた。

「それにしても和彦くん弱かったよね。」

和彦は沖縄の海での角力を思い出した。『フォンターナ』では、西郷久雄が娘と二人で来ていた。

「毎年必ず、お嬢様の誕生日にご家族でいらっしゃる特別なお客様なのです。」

西郷は5年前に妻を亡くしている。ポルチーニのリゾットは家族の思い出の味。そんな時間を大城は大切にしていた。ポルチーニは2人だけのために仕入れていた。

「私のお母さんは、お母さんだけだから。」

西郷は再婚を考えていた。恵に紹介しようとするが反対される。賢秀は男性に絡まれていた水国を助ける。

「お前らこそ覚えておけ、俺が沖縄の一番星、比嘉賢秀さ。」

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」66話感想

コメント