【ちむどんどん】26話ネタバレと感想!暢子の8年ごしのオリーブオイルの味

朝ドラ「ちむどんどん」

1972年(昭和47年)5月15日、沖縄の本土復帰の日に暢子は東京に向かった。

第26話、暢子が東京へ。

「ちむどんどん」26話視聴率

第6週「はじまりのゴーヤチャンプルー」第26話が5月16日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」26話あらすじ

東京・銀座にあるイタリアンレストラン『アッラ・フォンターナ』、暢子のため早苗が予約をしていた。

「前田早苗さま、2名様ですね。ご案内いたします。」

暢子はメニューにある金額に驚く。まさかやー、その言葉にオーナー大城が沖縄出身と見抜いた。

「これこれこれ?小学生の時に那覇のレストランで食べた。これ何?」

タコとセロリの冷製サラダ、暢子は8年ごしに美味しいオリーブオイルと再会した。

「あの比嘉賢秀いますか?」

暢子はボクシングジムで賢秀を探した。優勝した試合は相手が体調を崩していた。2試合目には一方的に打たれてリングから逃げ出していた。

横浜・鶴見、暢子は賢秀を探すが見つからない。早苗の家に泊めてもらおうとするが連絡が取れなかった。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」26話感想

コメント