【ちむどんどん】46話ネタバレと感想!新メニューでストーブ前に挑戦

朝ドラ「ちむどんどん」

1976年(昭和51年)秋、暢子がフォンターナで働いて5年がたっていた。

第46話、ストーブ前のチャンス!

「ちむどんどん」46話視聴率

第10週「あの日、イカスミジューシー」第46話が6月13日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」46話あらすじ

厨房ではストーブ前はメインを任される。いつかストーブ前になりたい、暢子は憧れていた。

「矢作さんは新しいメニューを考えて、オーナーに認められたワケさ。」

矢作はストーブ前を任されるが、緊張して失敗を繰り返す。二ツ橋は担当を外した。

良子は復職したいと考えていた。博夫に話すと、両親に相談してみる。よい返事はもらえなかった。

「味と同じくらい見た目は大事。醜い料理はお客様に出すべきではありません。」

二ツ橋の作った料理は美しかった。暢子はミネストローネを淀川に食べてもらう。一番美味しいと褒めてもらった。

「2週間以内に新しいメニューを考えて。合格したら、とりあえずストーブ前を1ヵ月任せる。」

暢子は大城からストーブ前のチャンスをもらう。その夜、優子から連絡が入った。歌子の病院を探すことになった。

「ここを辞めるってこと?いつ辞めてもいいわよ。あなたの都合に合わせる。決まったら知らせてね。」

二ツ橋は実家からの連絡で、しばらく戻ることになった。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」46話感想

コメント