【ちむどんどん】56話ネタバレと感想!それぞれの幸せのカタチ

朝ドラ「ちむどんどん」

1978年(昭和53年)4月、暢子が東京に来て6年がたつ。『フォンターナ』では雑誌の取材を受けていた。

第56話、暢子の結婚願望。

「ちむどんどん」56話視聴率

第12週「古酒交差点」第56話が6月27日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」56話あらすじ

暢子は毎日が充実していた。和彦は新聞社でエース記者、智は独立して食品卸の会社を立ち上げようとしていた。

この幸せがいつまでも続くように、願っています。暢子は沖縄に手紙を書いていた。

「誠、ちゃんと前を向いて、何回言えば分かるの?やる気がないなら廊下に立っておきなさい。」

良子は誠を教室から追い出してしまう。賢秀は行商に来た多田直美に出会う。給料で石けんを全部買ってしまう。

「買います、この石けんあるだけ全部買います。」

智は暢子をデートに誘う。大切な話をしようと考えていた。しかし、暢子には結婚願望がなかった。

「結局、結婚して幸せになって欲しい。親の期待を裏切れないと思う。暢子ちゃんが羨ましい。」

暢子は自由に生きている。愛はそれが羨ましかった。翌日、愛の両親と和彦は一緒に食事をする。

「籍を入れる前に一緒に住むのが気が引けるというなら、式を早めてもいい。結婚式を結婚式は6月でどうかね?」

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」56話感想

コメント