【ちむどんどん】23話ネタバレと感想!諦めない母の言葉とフーチャンプルーの涙

朝ドラ「ちむどんどん」

1972年(昭和47年)2月、暢子の卒業が間近に迫っていた。賢秀からの連絡はなかった。

第23話、

「ちむどんどん」23話視聴率

第5週「フーチャンプルーの涙」第23話が5月11日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」23話あらすじ

早苗は東京の大学に合格した。暢子は羨ましいと思っていた。

「お母ちゃん、社会人になる前に東京に遊びに行きたい。ほら早苗が大学で東京に行くから、そのときに。」

最後の春休み思い出を残したかった。しかし、お金がないと良子に反対される。

「ウチ高校やめて働いたらダメ?暢ねえねえ、必ずこっちで就職しないといけない?」

歌子は暢子の夢を叶えようと考えた。良子は暢子のため300ドルの借金をした。

「最高の妹なんです。いつもはつまらないことでケンカしてますけど。」

その夜、暢子はフーチャンプルーを作った。そこへ、叔父夫婦が来る。

「叔父さん、叔母さん暢子を東京に行くことを許して下さい。300ドルあります、これを借金の返済にあてます。」

優子は共同売店の給料を前借した。たった一度の人生をやりたいことをやらせたい、優子は頭を下げる。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」23話感想

コメント