【ちむどんどん】25話ネタバレと感想!ずっと幸せだった家族で守った暢子の夢

朝ドラ「ちむどんどん」

暢子は高校を卒業した。3年間は、あっという間に過ぎて行った。

第25話、暢子の旅立ち。

「ちむどんどん」25話視聴率

第5週「フーチャンプルーの涙」第25話が5月13日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」25話あらすじ

暢子が東京に行くが近くなった。優子は、賢三の形見の包丁を渡した。

「これ持って行きなさい、大事にしなさいね。」

賢三の包丁は、大事な人からもらった宝物だった。暢子は父の写真に手を合わせる。

1972年5月15日、沖縄は日本に返還される。その日の朝、暢子は東京に向かうことになった。

「昨日のことみたいさ。お母ちゃん、今までたくさんごめんね。」

「歌子が言った通りだったね、あの日からずっと幸せだったね。」

「ウチもそう思ってた、あの日からずっとずっと幸せだった。これからももっと幸せになる。」

暢子は東京に行くことに不安になる。18年間ありがとう、優子は暢子を抱きしめた。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」25話感想

コメント