【ちむどんどん】31話ネタバレと感想!暢子の料理人になるための修行スタート

朝ドラ「ちむどんどん」

暢子は、『アッラ・フォンターナ』で働くことになった。10日連続の出勤をして試される。

第31話、イタリア料理の修行。

「ちむどんどん」31話視聴率

第7週「ソーミンチャンプルーVSペペロンチーノ」第31話が5月23日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」31話あらすじ

『アッラ・フォンターナ』では、料理担当が決まっていた。暢子は皿洗いや野菜を切る担当だった。

「ブッロって何ですか?」

ブッロはイタリア語でバターをさす。暢子は言葉を知らないことバカにされる。

朝8時から深夜11まで暢子の仕事は続いた。賄いを食べる時だけ座ることができた。

「ちょっと因縁があるのよ。」

オーナーの大城は賢三の包丁を見つめて呟いた。暢子に対する厳しさは過去に関係がある。

「結婚と恋愛は違う、結婚は惚れてするより惚れられてした方が幸せになる。だから、俺と結婚して下さい。」

喜納金吾は良子にプロポーズした。智は暢子のところに来ていた。食品卸の会社に勤めることが決まっていた。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」31話感想

コメント