【ちむどんどん】45話ネタバレと感想!基本の出汁を大切にした新作おでん

朝ドラ「ちむどんどん」

優子は賢秀にお金を送っていた。賢秀は『紅茶豆腐』をたくさん送って来た。

第45話、暢子のおでん。

「ちむどんどん」45話視聴率

第9週「てびち!てびち!てびち!!」第45話が6月10日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」45話あらすじ

「良子と晴海と3人で一緒にいたい。帰って来てくれ、頼む。」

博夫が良子を迎えに来る。良子は、博夫と一緒に家に戻ることになった。

暢子が屋台を任されて1ヵ月がたった。お客の口コミが広がり大盛況になる。ある日、大城がやって来る。

「この出汁、豚を使っているわね。」

暢子は、おでんの具に足てびちを使った。出汁は料理の基本、たくさんの人からヒントをもらった。

「おでん屋台も基本は出汁、その日の天気と気温に応じて出汁の温度や微妙な塩加減を変える。労働者の街なのかサラリーマンが多いのか、できるだけお客さまに合わせる味を心がける。」

大城の妹は空襲で生き別れになった。最期を看取った人に会い諦めることができた。辛い過去を話してくれた。

暢子は屋台を黒字にしたことでフォンターナに戻ることになった。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」45話感想

コメント