【ちむどんどん】44話ネタバレと感想!何があっても家族だ足てびちの思い出

朝ドラ「ちむどんどん」

屋台緒オーナー安孫子よしは、大城との出会いに感謝していた、

第44話、足てびちの思い出。

「ちむどんどん」44話視聴率

第9週「てびち!てびち!てびち!!」第44話が6月9日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」44話あらすじ

1946年(昭和21年)冬、日本は終戦を迎えた。大城はよしと子どもに屋台のおでんを食べさせてくれた。

「似たような境遇だったから。あの日も空襲でひとり娘を亡くしている。」

我那覇は手紙を残して引っ越してしまう。賢秀は、コマーシャル代のお金を貸していた。

「俺はいつになったら恩返しができる。もう縁を切ってもらう。俺は疫病神。」

子どもの頃、足てびちを取り合いケンカになった。止めに入った優子はケガをしてしまう。

「邪魔者とかはいない。ケンカしても仲直りできるのが家族、この先何があってもみんなお前の家族。」

賢秀は賢三の言葉を思い出す。暢子もまた料理のことで悩んでいた。心に残った言葉を思い出す。

「和彦君、ありがとう。この間言ってくてたことすごいヒントになった。一回入口に戻って見る。」

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」44話感想

コメント