【ちむどんどん】6話ネタバレと感想!信じた道を行け父の残した言葉

朝ドラ「ちむどんどん」

サトウキビ畑で作業をしている時、賢三が倒れてしまう。学校にいた暢子は家に駆けつける。

第6話、父の最期。

「ちむどんどん」6話視聴率

第2週「別れの沖縄そば」第6話が4月18日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、15.3%でした!

「ちむどんどん」6話あらすじ

「賢秀、お母ちゃんとみんな頼むよ。良子、頑張って立派な先生になれな。暢子…。歌子、幸せになれよ。優子、ありがとう。」

賢三は心臓発作を起こし、家族が見守る中で息を引き取る。

「にぃにぃやねぇねぇ、歌子には幸せになれって言ったのに…ウチだけ何も言われなかった。」

暢子はそのままでいい、だから何も言わなかった。信じた道を行け、元気だった頃の父の言葉を思い出す。

「父ちゃん、父ちゃん。人は死んだら海の向こうのニライカナイに行くって。」

子どもたちは海に向かって叫んだ。その夜、親族の話し合いが行われる。比嘉家は借金を抱えていた。

優子は工事現場で働き始める。子どもたちは家の手伝いをするが、長くは続かなかった。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」6話感想

コメント