【鎌倉殿の13人】15回ネタバレと感想!謀反人の見せしめ上総広常の最期

鎌倉殿の13人

木曽義仲は後白河法皇を捕らえた。源氏同士の戦が始まろうとしていた。

第15回 足固めの儀式

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「鎌倉殿の13人」第15回視聴率

「鎌倉殿の13人」第15回が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「鎌倉殿の13人」第15回あらすじ

頼朝の息子・万寿の五百日の儀式が行われる。同じ日、御家人たちは鹿狩りに出かけようとしていた。

「あの方が我らを信じていないことは、梶原どのが一番分かっておられるはず。」

鶴岡八幡宮では儀式が始まった。御家人たちは万寿を連れ去ろうとしていた。そこへ義時が駆けつける。

「御家人たちが力を合わせて平家を倒そうではありませんか。同士討ちしている場合ではありません。」

頼朝は御家人たちの謀反を許そうとした。しかし、大江広元が異議を唱える。

「上総広常はいずれ何とかせねばと思っていたのだ。」

12月22日、梶原景時は上総と双六を始める。謀反の罪の見せしめとして斬られる。頼朝の命によるものだった。

「謀反人・上総広常を成敗した。ワシに逆らうものは何人も許さぬ、肝に銘じよ。」

義時はその最期に悔し涙を流した。上総の鎧の中から手紙が見つかる。頼朝の大願成就を願っていた。

見逃し動画配信サービス「鎌倉殿の13人」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「鎌倉殿の13人」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「鎌倉殿の13人」第15回感想

コメント