【鎌倉殿の13人】3話ネタバレと感想!北条が生き残るための施策

鎌倉殿の13人

治承四年(1180)、以仁王は源頼政と挙兵をすること決めた。源行家の報告に頼朝が動くことはなかった。

第3回 挙兵は慎重に

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「鎌倉殿の13人」第3回視聴率

「鎌倉殿の13人」第3回が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「鎌倉殿の13人」第3回あらすじ

「挙兵はやめた。兵をあげるからには、この手で清盛を討つ。ワシが源氏の棟梁として采配を振るわねばならぬ。」

北条義時は自分にだけ本音を語る佐渡をよく思っていなかった。その後、清盛に向けられた牙は鎮圧された。

「政子を兼隆さまに差し出せ、そうしなければ北条は生き残れん。」

山木兼隆の後見人・堤信遠は、目通りを許さなかった。源氏の仕掛けた戦に関わった疑いをかけられる。

「戦をして勝てると思うか?」

義時は山木の家に忍び込む。民の数を知り、勝てるだけの兵を集めようとした。しかし、戦をするためには大義名分が必要だった。

「法王様がワシに助けを求めて来られた。」

頼朝は挙兵することを決めた。山木の首をあげろ、絶対に勝てる戦と確信した。

見逃し動画配信サービス「鎌倉殿の13人」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「鎌倉殿の13人」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「鎌倉殿の13人」第3回感想

コメント