【鎌倉殿の13人】2話ネタバレと感想!いずれ挙兵する義時と頼朝の約束

鎌倉殿の13人

伊東祐親と北条時政は戦になろうとしていた。仲立ちをしたのは相模国の有力武士・大庭景親だった。

第2回 佐渡の腹

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「鎌倉殿の13人」第2回視聴率

「鎌倉殿の13人」第2回が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「鎌倉殿の13人」第2回あらすじ

北条時政は頼朝をかくまうことにする。八重とは引き離されることになった。

「どうかここを我が家と思って、お寛ぎ下さい。」

八重が嫁ぐことになった。佐渡にもう一度会いたい、義時はその願いを叶えようとした。

「それは行かねばならぬのか?時の流れに逆らうものではない。」

頼朝は八重を想い会わないと決めた。そして、政子にも同じ思いをさせたくないと感じていた。

「佐渡にお伝え下さい。比企尼はいつでもお守り致しますと。」

政子は八重に会い、頼朝の想いを伝える。義時は姉を想い、頼朝と引き離そうとする。

「お前だけには話しておく、いずれワシは挙兵する。清盛の首を取る。」

見逃し動画配信サービス「鎌倉殿の13人」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「鎌倉殿の13人」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「鎌倉殿の13人」第2回感想

コメント