【鎌倉殿の13人】28回ネタバレと感想!忠臣は二君に仕えず策略にはまった梶原景時

朝ドラ「ちむどんどん」

頼家を補佐する13人の御家人たち、頼朝を超えようともがく頼家は不信感を募らせた。

第28回 名刀の主 見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「鎌倉殿の13人」第28回視聴率

「鎌倉殿の13人」第28回が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「鎌倉殿の13人」第28回あらすじ

頼家は6人の若者たちを側において力をつけようとしていた。結城は梶原に呼び出される。

「忠臣は二君に仕えず、と言った御職は自ら命をたった。頼家さまに仕えるくらいなら死んだ方がましか?」

頼家は安達景盛の妻を奪おうとする。しかし、人の道に外れた行為は政子に引き止められる。

「こんなことで首をはねるなど許されることではありません。」

頼朝に誰よりも忠誠を誓った安達盛長、頼家の発言を義時が制する。結城には死んでもらう、梶原の発言が訴状問題になってしまう。

「この梶原景時、恥じ入ることはただの一点もござらぬ。」

頼家は梶原を謹慎処分とした。朝廷から梶原あてに手紙が届いた。これを知った頼家は梶原を流罪とする。

「刀は切り手によって名刀にも、なまくらにもなる。なまくらにはなりたくなかった。」

見逃し動画配信サービス「鎌倉殿の13人」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「鎌倉殿の13人」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「鎌倉殿の13人」第28回感想

コメント