【鎌倉殿の13人】33回ネタバレと感想!逃げわせぬ猿楽の舞台で散った頼家の最期

鎌倉殿の13人

源実朝が三代鎌倉殿となった。あまりに歪な代替わりだった。源氏の棟梁を巡る駆け引きが、また始まる。

第33回 修善寺 見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「鎌倉殿の13人」第33回視聴率

「鎌倉殿の13人」第33回が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「鎌倉殿の13人」第33回あらすじ

建仁3年(1203)10月9日、政所始が行われる。取り仕切ったのは執権別当となった時政だった。

「軍勢を率い鎌倉を火の海にし、北条の者どもの首をはねる。覚悟して待っていろとな。」

三浦義村は源頼家に会う。鎌倉に必ず戻る、力を貸して欲しい。義村は断った。義時は八田に警護を命じる。

「鎌倉殿には武士の手本になってもらいます。大事なのはそこ、私が育てたんです。」

実衣は政子と意見がぶつかる。頼家は重忠に会っていた。一緒に行った政子には会おうとしなかった。

「頼家さまを討ち取る。」

頼家は上皇に文を送っていた。義時は戦になることを避けるため判断した。泰時は反対し頼家のところに向かう。

「逃げはせぬ、いずれワシは殺される。もうすぐ猿楽が始まる。お前も見てまいれ。」

猿楽が始まった。その中にまぎれた善治は、頼家を襲った。最後はトウによって討ち取られる。

見逃し動画配信サービス「鎌倉殿の13人」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「鎌倉殿の13人」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「鎌倉殿の13人」第33回感想

コメント