【鎌倉殿の13人】31回ネタバレと感想!比企が向けた刃に義時が覚悟を決める

鎌倉殿の13人

源頼家が病に倒れる。鎌倉に戦の匂いが漂い始めていた。

第31回 諦めの悪い男 見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「鎌倉殿の13人」第31回視聴率

「鎌倉殿の13人」第31回が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「鎌倉殿の13人」第31回あらすじ

比企能員は一幡を後継者にしようとしていた。千幡には北条、善哉には三浦が乳母として付いていた。

「ただいま京より知らせが入りました。修行中であった全成どのの子、頼全が首をはねられました。」

父親の陰謀に加担した、源仲章が疑いをかけた。比企が北条に刃を向けた瞬間だった。

「提案がござる、鎌倉殿のお役目を千幡さまと一幡さまで二つに分けると言うのは…。」

関東を一幡、関西を千幡に分ける。北条義時の提案を比企は破り捨てた。義時は大義名分を立てた。

「太郎、戦となったら真っ先に一幡さまを殺せ。母親共々、頼朝さまならそうしている。」

日奈は比企の元に行き探りを入れる。三浦と繋がろうとしている、義時に文を渡した。

時政は和議を申し出る。比企は時政に会うために館に向かった。

「お前さんは坂東生まれじゃねーから分からねーだろうが、坂東武者ってのはな勝つためには何でもするんだ。名前に傷がつくなんざ屁でもねぇさ。」

比企は仁田忠常に討ち取られる。北条は比企の館に向かい、妻・娘・息子を討ち取った。そして、頼家が目を覚ました。

見逃し動画配信サービス「鎌倉殿の13人」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「鎌倉殿の13人」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「鎌倉殿の13人」第31回感想

コメント