【鎌倉殿の13人】30回ネタバレと感想!全成の謀反の疑いと実衣への深い想い

鎌倉殿の13人

源頼家が病に倒れる。床下から木人形が見つかったことで全成が疑われる。

第30回 全成の確立 見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「鎌倉殿の13人」第30回視聴率

「鎌倉殿の13人」第30回が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「鎌倉殿の13人」第30回あらすじ

比企能員は全成の館を調べることにする。木をほった道具が見つかった。全成は謀反の疑いをかけられる。

「命までは奪うつもりはなかったんだ。ちょっと病になってくれたら御の字だって…。」

比企は北条との戦を覚悟していた。全成の妻・実衣は政子のところに身を寄せた。頼家は全成に常陸への流罪を命じる。

「任せてはおけぬ。良いことを考えた、まずは比企お前が手本となって示せ。」

頼家は土地の分配を平等にしようとしていた。比企の土地を引き渡すように命じる。比企は全成のところに向かう。

「実衣殿の身が危ういのだ。妻を守ってやれ…、実衣殿も会える日を心待ちにしておったぞ。」

比企は頼家の木人形を作らせる。全成は八田により誅殺される。その知らせが鎌倉に届く、実衣は泣き崩れる。

「全成殿に呪詛の道具を渡した者がいます。今もっとも鎌倉殿に死んでほしいのは、あなたです。意のままにならない鎌倉殿に、もはやようはない。」

北条義時は自分のするべきことを決める。比企を必ず追い出す。そんな時に頼家が病に倒れる。

見逃し動画配信サービス「鎌倉殿の13人」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「鎌倉殿の13人」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「鎌倉殿の13人」第30回感想

コメント