【鎌倉殿の13人】14回ネタバレと感想!三種の神器を取り戻せ義仲の出陣

鎌倉殿の13人

木曽義仲の息子・義高は、源頼朝の娘・大姫の許嫁となった。源氏同士の戦を避けるための人質だった。

第14回 都の義仲

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「鎌倉殿の13人」第14回視聴率

「鎌倉殿の13人」第14回が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「鎌倉殿の13人」第14回あらすじ

寿永2年(1183年)5月、木曽義仲は平家を討つべく京都に向かう。平宗盛は帝と三種の神器を持ち落ちのびる。

「何よりも急ぐは三種の神器の奪還。」

源氏一門には恩賞が下される。頼朝は勲功第一に選ばれた。これを義仲と行家は不服とした。

後白河法皇は後鳥羽天皇を即位させる。三種の神器を取り戻すため、義仲に出陣を命じた。

頼朝は莫大な引き出物を都に届ける。後白河法皇は、頼朝の流罪をとき正五位の下に復帰させる。さらに東海道・東山道の軍事支配権を認める。

信濃が頼朝に渡ったことを義仲は不服に思う。平家と和睦を結んだ、義仲に謀反の疑いがかけられた。

「義仲は法王さまを危うくしている。一刻も早く討ち取らねばならぬ。」

頼朝は義仲を倒すため義経を出陣させる。御家人たちは、源氏同士の争いごとに反対した。鎌倉は2つに分裂した。

見逃し動画配信サービス「鎌倉殿の13人」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「鎌倉殿の13人」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「鎌倉殿の13人」第14回感想

コメント