【鎌倉殿の13人】9回ネタバレと感想!武田の援軍と頼朝の決断

鎌倉殿の13人

源頼朝は、大軍を引き連れて鎌倉に入った。伊東祐親の首をとれ、頼朝は命を出した。

第9回 決戦前夜

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「鎌倉殿の13人」第9回視聴率

「鎌倉殿の13人」第9回が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「鎌倉殿の13人」第9回あらすじ

北条義時は八重を救うため馬を走らせた。しかし、頼朝の兵は祐親を捕らえる。

「よき孫たちに恵まれましたな。命はとらん、身柄はしばし三浦に預ける。」

八重は侍女として頼朝に仕えたいと願った。政子は八重の前で懐の深さを見せつけた。

治承4年(1180)10月13日、平維盛を総大将とする平家の追討軍が東海道を渡った。

「平家の軍が迫っています。いよいよ正念場です。しっかりと戦って参ります。」

10月16日、頼朝は武田の軍と合流するため出陣した。武田は頼朝を出し抜き、夜討ちをかけようとする。

「坂東武者の助けがない限り、これ以上の進軍は無理にございます。」

平家は水鳥の音を奇襲と勘違いして逃げ出す。頼朝は一気に京に登ろうとする。義時は兵糧の限界を伝えた。

「父上を殺し、母上を奪った清盛への恨みを忘れたことはございませぬ。兄上と共に仇を打ちとうございます。」

源義経は兄・頼朝を追って黄瀬川に来ていた。

見逃し動画配信サービス「鎌倉殿の13人」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「鎌倉殿の13人」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「鎌倉殿の13人」第9回感想

コメント