【鎌倉殿の13人】1話ネタバレと感想!平家の敵・頼朝と義時の出会い

鎌倉殿の13人

安政元年(1175)伊豆、北条時政が帝の警護を終え、3年ぶりに京の都から戻って来た。

第1回 大いなる小競り合い

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「鎌倉殿の13人」最終回視聴率

「鎌倉殿の13人」第1回が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「鎌倉殿の13人」第1回あらすじ

16年前、源頼朝の父は平清盛と戦い破れた。生き残った頼朝は伊豆の国で監視されていた。

「教えてくれ、佐渡が立ち上がれば平家の世はひっくり返るのか?」

頼朝は八重とのことで追われていた。北条義時の兄・宗時は自宅でかくまっていた。

義時の祖父・伊東祐親は、頼朝を探していた。宗時は頼朝のことを父親に話す。

「長居するつもりはない、この源頼朝おぬしらから受けた恩は決して忘れん。」

義時は八重に手紙を届けに向かう。八重の父・祐親は、義時が来たことで頼朝の居場所を悟った。

「じっさまは平家の敵となれば容赦はしないんです。佐渡を渡しましょう。」

祐親は頼朝を捕まえるため挙兵した。義時は女のふりをした頼朝と逃走する。

見逃し動画配信サービス「鎌倉殿の13人」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「鎌倉殿の13人」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「鎌倉殿の13人」第1回感想

コメント