【鎌倉殿の13人】13回ネタバレと感想!八重を想う義時の一途な気持ち

鎌倉殿の13人

源頼朝の浮気は大騒動となった。源平の激突を目前に鎌倉に亀裂が入ろうとしていた。

第13回 幼なじみの絆

見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「鎌倉殿の13人」第13回視聴率

「鎌倉殿の13人」第13回が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「鎌倉殿の13人」第13回あらすじ

木曽義仲は頼朝にとって従兄弟になる。源行家が平家を倒すため近づいていた。

「このたびの一見、軍勢を率いて行くのはあくまでも形だけです。」

御家人たちは木曽に向かうことを反対した。戦になれば鎌倉は2つに割れる可能性もあった。

北条義時は木曽義仲の元に向かった。義仲は平家との繋がりを否定した。

「男には守らねばならぬ者がある。息子でいい。」

頼朝は人質を差し出すように命じる。義仲は息子・義高を鎌倉に差し出した。

「私と八重さんは幼なじみ、私の想いはあの頃からずっと変わりません。私はそれを大事にしたい。」

義時は八重を一途に想っていた。おかえりなさい、八重の優しい言葉に泣いてしまう。

見逃し動画配信サービス「鎌倉殿の13人」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「鎌倉殿の13人」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「鎌倉殿の13人」第13回感想

コメント