【ちむどんどん】101話ネタバレと感想!暢子は店のオープンに追われる

朝ドラ「ちむどんどん」

東京・杉並、暢子は『ちむどんどん』をオープンさせるため準備をしていた。

第101話、暢子の店。

「ちむどんどん」101話視聴率

第21週「君と僕のイナムドゥチ」第101話が8月29日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、15.5%でした!

「ちむどんどん」101話あらすじ

暢子は矢作に沖縄料理を教える。東京で材料を仕入れることに悩んでいた。

「今の僕はライター件カメラマン、新聞社と違って全部ひとりでやらなきゃ。」

和彦は月刊誌の連載を持つことが決まった。暢子には、新聞社にいるときより楽しそうに見えた。

『ちむどんどん』の試食会が行われる。矢作には沖縄料理の魅力が分からなかった。

「材料が完璧に揃わなくても、そこはフォンターナで学んだ技術と知識でカバーできるのではないかと…。」

暢子は、矢作と2人で店を開こうとしていた。ホールと洗い場はやらない、矢作は料理人として雇われたと主張する。

「お金のこと、仕入れのこと、内装も契約ごとも全てひとりで交渉だし…。和彦も今勝負どころだし。」

智は沖縄に戻ったとき、優子に報告をする。もらいものだから、そう言って歌子にネックレスをプレゼントした。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」101話感想

コメント