【ちむどんどん】78話ネタバレと感想!和彦を変えた沖縄の思い出

朝ドラ「ちむどんどん」

暢子は重子のためにお弁当を作ることに決めた。何とかして結婚を認めてもらうために考えた。

第78話、暢子のお弁当。

「ちむどんどん」78話視聴率

第16週「御三味に愛を込めて」第78話が7月27日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」78話あらすじ

「これ渡して下さい、波子さんの分もあります。お願いします。」

暢子は弁当を2人分作って渡した。和彦は『喫茶サーカス』にいる重子に会いに行く。

「今度、鶴見に来てくれないか?まずは僕が今どんな風に暮らしているのか、母さんに知ってもらいたい。」

沖縄での生活は和彦の生き方を変えてくれた。あの時があったから今がある。重子は沖縄の話も嫌っていた。

「何で俺じゃなかったんだろう、俺のどこがダメだったんだろう。」

智は暢子に結婚を申し込んでいた。しかし、暢子の気持ちは和彦にあった。歌子に惨めな思いを聞いてもらう。

「夕方、腕によりをかけた料理を作って待ってますと、伝えて下さい。」

暢子は『あまゆ』を貸し切りにした。沖縄料理を作って重子を待っていた。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」78話感想

コメント