【ちむどんどん】29話ネタバレと感想!リトル沖縄で重ねた父の三味線の音色

朝ドラ「ちむどんどん」

暢子は、賄いに沖縄そばを作った。『アッラ・フォンターナ』で働くための最終テストだった。

第29話、鶴見はリトル沖縄。

「ちむどんどん」29話視聴率

第6週「はじまりのゴーヤチャンプルー」第29話が5月19日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」29話あらすじ

「この時間でたった一人で麺を打つところから始まって、この出来は驚きですね。」

オーナーの大城は働くことを認めた。厨房にあった包丁の比嘉賢三の文字を見つめた。

「初めまして比嘉暢子です。」

沖縄県人会会長・平良は、下宿先を紹介してくれた。その部屋は沖縄料理店の上にあった。

「鶴見はリトル沖縄さ、近くに京浜工業地帯があって戦前から鶴見・川崎・横浜に日本中から集まって。」

暢子は店を手伝う条件で家賃を安くしてもらった。平良は沖縄人たちのもめ事の仲介もしていた。

「ねえねが日奈金吾と?好きでもない人と結婚するとか。」

良子は結婚を申し込まれていた。家族の生活を楽にするため、良子は迷っていた。お店にいると賢秀が入って来た。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」29話感想

コメント