【ちむどんどん】39話ネタバレと感想!タルデッリの思い出を探せ

朝ドラ「ちむどんどん」

歌子がオーディションを受けてから1週間がたった。予選に合格したハガキが届いた。

第39話、歌子の優しい歌声。

「ちむどんどん」39話視聴率

第8週「再会のマルゲリータ」第39話が6月2日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」39話あらすじ

青柳和彦は追加の取材をすることになった。『アッラ・フォンターナ』の大城が交渉してくれた。

「ただし条件がある。明日の朝までに投書記事を見つけること。」

1960年代に東洋新聞にピザのことが書かれた投書があった。それを見つけることが条件だった。

歌子はオーディションの日、熱を出して倒れてしまう。

「もうイヤ、また肝心な時に何でいつもこんなになるワケ?病気ばっかりしてみんなに迷惑かけて、何でウチだけ…。」

良子は学校の先生、暢子はコックになった。歌子は自分だけが何も叶わないと思っていた。

「怖い、唄って。」

良子の陣痛が始まった。歌子は良子の手を握り優しい歌を唄った。そして、良子は元気な女の子を生んだ。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」39話感想

コメント