【ちむどんどん】43話ネタバレと感想!迷子になったら入口に戻れ

朝ドラ「ちむどんどん」

暢子はイタリア風おでんを考えた。屋台の立て直しをしようとしたが客足は伸びなかった。

第43話、料理で迷走する暢子。

「ちむどんどん」43話視聴率

第9週「てびち!てびち!てびち!!」第43話が6月8日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」43話あらすじ

「こんな馴染みのないモノじゃなくて、ほっと心が休まる染みるようなおでんを…。」

力仕事や残業の後で食べる屋台のおでん、優しく懐かしい味が求められる。和彦と暢子の意見は分かれる。

「ウチは博夫さんと離婚します。」

家事と育児に協力的じゃない、良子は博夫とケンカしてして実家に帰って来る。

「15万円あれば一発逆転、今まで迷惑かけた分もまとめて返す。」

我那覇は『紅茶豆腐』を販売するためコマーシャルを制作する。賢秀は資金が足りないため優子に連絡をした。

「迷子になったら、一旦入口まで戻る。」

暢子は三郎から教えてもらう。屋台の店主・安孫は大城との出会いを話してくれた。大城が屋台のおでん屋から店を始めていたことが分かった。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」43話感想

コメント