【ちむどんどん】62話ネタバレと感想!料理に夢中になりたい暢子の幸せの在り方

朝ドラ「ちむどんどん」

『フォンターナ』では、3人が辞めてしまいオーナー大城が厨房に立っていた。

第62話、暢子の告白。

「ちむどんどん」61話視聴率

第13週「黒砂糖キッス」第62話が7月5日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」62話あらすじ

大城は厨房の中での動きが見事だった。暢子はその姿に感動する。

「明日は知り合いから助っ人を手配できた。仕込みは私がやっておくから、2人は早く帰って。」

暢子は仕込みは自分がやると言う。仕込みをしていると愛が訪ねて来る。

「ウチ、和彦くんのことが好き。自分でも全然気が付いてなかったけど。でもさ、諦める。」

生まれて初めて男の人を好きになった。大城と働くことで夢中になれた。暢子は自分で答えを見つけた。

「もっと料理に集中したい、今日改めてそう思った。」

暢子にとっての幸せは何?今は料理の仕事にちむどんどんしてる。翌日、愛は特集の担当を引き受けた。

その頃、山原では良子が生徒のことで悩んでいた。誠は良子と話そうとしなかった。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」62話感想

コメント