【ちむどんどん】51話ネタバレと感想!暢子がシェフ代行にフォンターナに波乱

朝ドラ「ちむどんどん」

1977年(昭和52年)6月、暢子が『フォンターナ』で働き始めて6年がたっていた。

第51話、智の想い人と二ツ橋のケガ。

「ちむどんどん」51話視聴率

第11週「ポークとたまごと男と女」第51話が6月20日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」51話あらすじ

『フォンターナ』の料理長・二ツ橋は、原価計算をしながら季節のメニューを考えていた。

「全てはお客さまの笑顔のためです。」

智は30歳までに独立しようとしていた。結婚したら子供は5人は欲しい。その相手は暢子だと考えていた。

「食費もたくさんかかりそう、暢子ちゃん食いしん坊だから。」

智は暢子が好き、周りの人は知っていた。ただ、暢子だけは何も気づいていなかった。

山原では歌子が家事をしていた。その分、優子が共同売店で遅くまで働くことができた。

「明日も朝早くから、泊って行けば。善一と一緒に住めばいいさ。」

千葉の養豚場では、賢秀が相変わらずビッグなビジネスのことを考えていた。良子は離婚届を前に泣いていた。

二ツ橋が堤防でケガをしてしまう。お見舞いに行った大城はシェフ代行を考えることにする。

「明日から1ヵ月、あなたにシェフ代行をお願いします。」

二ツ橋のケガが治るまで、暢子はシェフ代行をすることになった。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」51話感想

コメント