【ちむどんどん】52話ネタバレと感想!男とか女とか関係ない暢子のシェフ代行

朝ドラ「ちむどんどん」

二ツ橋がケガをしてしまう。大城は暢子をシェフ代行に決めた。

第52話、暢子のシェフ代行。

「ちむどんどん」52話視聴率

第11週「ポークとたまごと男と女」第52話が6月21日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」52話あらすじ

良子は小学校の教師に復職しようとしていた。山原の家では話し合いが行われた。

「ウチがどれだけ夜泣いたと思う。ウチが働くことをご両親に認めさせて、それまでウチは帰らないから。」

離婚届けを前にした博夫は、必ず説得すると約束した。良子は覚悟を決めていた。

「すいません、一番さまのパスタを先にお願いします。お客さまのご都合があって…。」

暢子は厨房で空回りしていた。店では、和彦が編集局長と食事していた。

「田良島、お前んとこの学芸部ってのは、平の兵隊が指揮官に説教たれるのを認めてんのか?」

おふくろの味 子どもの笑顔、東風食品の広告は男女の役割分担を固定化する。和彦は批判記事を書こうとした。

編集局長は田良島を突き飛ばした。それを庇った和彦が酔った局長を突き飛ばしてしまう。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」52話感想

コメント