【ちむどんどん】81話ネタバレと感想!自分とは違う生き方を認める気持ち

朝ドラ「ちむどんどん」

『フォンターナ』では、退職した矢作が訪ねて来る。退職金をもらうためだった。

第81話、お店に泥棒?

「ちむどんどん」81話視聴率

第17週「あのとき食べたラフテーの」第81話が8月1日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」81話あらすじ

東洋新聞では、和彦の母親・重子が来ていた。田良島に会うためだった。

「単刀直入に申し上げます。息子と比嘉暢子さんの結婚に反対して下さい。」

息子が不幸になる、家の格が下がる。重子はみんなに聞こえるように言う。

「無駄ですよ、若者は常に生涯を乗り越えて行く。この次は披露宴で会いましょう。」

『フォンターナ』では何者かが現金と権利書を盗んでいた。大城は矢作の後ろ姿を見ていた。

「自分とは違う生き方を認めるのは簡単じゃないしね、自分と誰かほかの人の生き方を比べても仕方のないことだけ…。」

多江は暢子を応援していた。しかし、重子の気持ちも分かってしまう。

矢作に金を貸した男が『フォンターナ』を訪ねて来る。お店の権利証を持っていた。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」81話感想

コメント