【ちむどんどん】82話ネタバレと感想!過去も未来も含めて自分の人生

朝ドラ「ちむどんどん」

『フォンターナ』では、権田がお店の権利証を持って来る。一千万で買い取れ、大城は断った。

第82話、大城房子の過去。

「ちむどんどん」82話視聴率

第17週「あのとき食べたラフテーの」第82話が8月2日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」82話あらすじ

権田はビジネスの話をする。お店に絵画と観葉植物を置く、みかじめ料を要求する。

「お断りします、ウチはそのような取引は一切いたしません。書類はいずれ取り戻します、私はあなたたちのような人とお付き合いするつもりはありません。」

従業員は怯えてしまう。どんなことがあっても絶対に守る、大城は従業員に約束した。

和彦は『フォンターナ』に重子を連れて行く。お店のこと、暢子の料理をほめてくれた。

「可愛がって当然ですよね、お身内なら。大城房子さん、最終学歴は小学校中退。10代の頃から屋台を引いてらしたとか。」

重子は大城を調べていた。過去も未来も含めて自分の人生、大城は何も隠すつもりはないと思っていた。

「オーナーに言われました。いつも通り自分を信じろと。18歳の時に料理人になりたくて山原から出て来ました。」

暢子は料理に対する思いを伝える。そこへ、客からクレームが入ってしまう。他の客たちは驚き店を出て行ってしまう。重子も帰ってしまう。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」82話感想

コメント