【ちむどんどん】95話ネタバレと感想!和彦が退職へ東洋新聞の読者は許さない

朝ドラ「ちむどんどん」

暢子は、お店の名前を『ちむどんどん』に決めた。

第95話、暢子の独立と和彦が仕事。

「ちむどんどん」95話視聴率

第19週「愛と旅立ちのモーウイ」第95話が8月19日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、15.9%でした!

「ちむどんどん」95話あらすじ

賢秀のことで和彦は巻き込まれてしまう。雑誌の見出しに載ったことが問題になる。

「ウチの記者が悪徳商法に関わったとなったら、読者はもちろん上層部も黙っていない。」

和彦は辞表を書くように命じられる。お前は今辞めるわけに行かないだろう、田良島は自分が責任を取ろうとする。

「僕は生まれ変わる。もしご迷惑でなければ、ここで一生一緒に働かせて下さい。」

賢秀は、真面目にコツコツ働くと決めた。その頃、山原では晴海が作った野菜を良子が食べていた。

「モーウイは赤瓜ともいうわけ、酢の物にしても煮物にしても美味しいよ。でも、畑で食べるのが一番。」

和彦は東洋新聞を退職する。フリーの記者として仕事をすることになった。

「元々いつかは新聞社を飛び出して、自由に仕事がしたいと思っていた。きっと神様がチャンスをくれたんだ。」

暢子は足元がふらついてしまう。お腹をさすりながら、ムカムカしていた。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」95話感想

コメント