【ちむどんどん】3話ネタバレと感想!暢子が作った美味しい沖縄そば

朝ドラ「ちむどんどん」

暢子は、歌子が熱を出したためミンジャイグサを探していた。熱さましに効くと言われていた。

第3話、沖縄には何にもない!

「ちむどんどん」3話視聴率

第1週「シークワーサーの少女」第3話が4月13日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、16.1%でした!

「ちむどんどん」3話あらすじ

「沖縄について来て損した、テレビもない映画館も遊園地もない、楽しい物なんにもない。」

和彦は不満をもらす。暢子は足を滑らせた和彦をかばって川に落ちてしまう。

「大丈夫、なんくるないさー。」

青柳の親子が夕食に来ることになった。暢子の父・賢三は、沖縄そばを作ることにする。

「これから先は自分が美味しいと思ったモノを作りなさい、自分を信じて。」

賢秀は、暢子をケガさせたことを怒っていた。沖縄角力で勝負しようとするが相手にならなかった。

「ウチそば作ったから、教えてもらって初めて作ったから。和彦くんにも食べて欲しい。」

その夜、和彦と史彦が夕食に来た。テーブルには豚肉料理が並んでいた。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」3話感想

コメント