【ちむどんどん】88話ネタバレと感想!懐かしい味は家族として幸せだった時間

朝ドラ「ちむどんどん」

重子は良子が持って来たテープを聞く。そこには歌子からのメッセージがあった。

第88話、食べることで思い出す家族団欒。

「ちむどんどん」88話視聴率

第18週「しあわせのアンダンスー」第88話が8月10日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、16.3%でした!

「ちむどんどん」88話あらすじ

和彦は重子と『フォンターナ』に来ていた。房子は店を貸し切りにしていた。

「お待たせいたしました。本日は特別メニューです。前菜のソップレッサータです。」

海老の頭、くじら、おから寿司、いつもとは違うメニューが提供される。

「やっぱり、これ。懐かしい、毎日お腹を空かせていた、お父さんとよく行った終戦の闇市。」

終戦直後、食材が手に入らなかった。苦肉の策でできた料理、重子は思い出した。

「お父さんが戦争から生きて帰ってくれた時、母さんは本当に嬉しかった。」

和彦が生まれて、親子3人でマーケットに出かけた。美味しくなくても幸せだった。

「重子さんにも大切な思い出・宝物があって、ウチとは違うものだと思います。でも、きっとどちらも大切な宝物だと思います。それを教えてくれたのは和彦君のお父さんです。」

重子の思い出を料理に込めた。披露宴はイタリア料理と沖縄料理でお願い、重子は2人の結婚を認めた。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」88話感想

コメント