【ちむどんどん】22話ネタバレと感想!賢秀が奪った暢子の料理人への夢

朝ドラ「ちむどんどん」

賢秀は我那覇に騙されてしまう。バーガー店で暴れた時に下地響子にケガをさせてしまった。

第22話、暢子の夢はどうなる?

「ちむどんどん」22話視聴率

第5週「フーチャンプルーの涙」第22話が5月10日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」22話あらすじ

比嘉家に下地響子が訪ねて来る。賢秀は机の下に隠れた。下地は家に上がり込み話をする。

「音楽への罪は、音楽で償ってもらいましょう。歌子、今ここで唄ったら今回のことは水に流します。」

歌子は『椰子の実』を唄った。その透き通る声は下地を感動させた。

「今わかった、あなたの才能を花開かせるために私は音楽教師になった。」

下地は賢秀を不問にふす。そこへ、大叔父・賢吉が来る。賢秀が騙されたことを聞きつけていた。

「賢秀、お前が行け。お前のせいでこの家がどんなことになってるか分かってるか?」

東京に行きたい、暢子の夢を賢吉は許さなかった。

「暢子、起きてるか?ごめんな、本当にごめん。俺はただ嬉しかったわけよ、生まれて初めて親以外の大人から褒められて、嬉しかったわけよ。」

暢子は布団の中で泣いていた。翌日、賢秀は手紙を残して家を出て行った。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」22話感想

コメント