【ちむどんどん】49話ネタバレと感想!明日はきっといい日になる、と思うことが大事

朝ドラ「ちむどんどん」

優子と歌子は病院に来ていた。暢子は歌子のことを心配していた。

第49話、人生は思い通りに行かない。

「ちむどんどん」49話視聴率

第10週「あの日、イカスミジューシー」第49話が6月16日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ちむどんどん」49話あらすじ

暢子は二ツ橋と仕入れ先に来ていた。漁港では新鮮なイカを仕分けしていた。

「私が辞めた後、オーナーの事くれぐれもよろしくお願いします。」

大城は誤解されやすい人。お客様のことを考えてスタッフに厳しくしてしまう。

「私はオーナーほど美しく優しく知性と気品に満ち溢れた、素晴らしい女性を他に知りません。」

二ツ橋は大城にプロポーズしたことがある。しかし、大城には忘れられない男がいた。

「あの二人は結婚するはずだったらしいよ。」

大城の忘れられない人は三郎だった。人生は思い通りには行かない。何があっても諦めないで、どうやったら希望を持って生きて行けるか?

「明日はきっといい日になる。と思うことが大事。」

歌子の検査結果が出た。膠原病でも結核でもない、熱が出る原因は分からなかった。

見逃し動画配信サービス「ちむどんどん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ちむどんどん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「ちむどんどん」49話感想

コメント