【エール】71話あらすじと視聴率!裕一の大ヒット曲・露営の歌は出兵する人への応援歌

朝ドラ「エール」

昭和12年、日中戦争が勃発した。新聞には、出征していく人のための歌詞が掲載されていた。

第71話、裕一が作った曲・露営の歌は大ヒットする。

見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」71話視聴率

第15週「先生のうた」第71話が、9月21日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、18.3%でした!

昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」71話あらすじ

露営の歌が大ヒット

「家族残して戦争に行くってことは辛いことだよね。」

「そうね、残された家族も心細いと思う。」

裕一は、新聞に掲載された歌詞に曲を作った。それを持ち廿日市のところに向かった。

「あー、もう君でいいや。大至急作らなきゃならない曲があるんだけど、作曲家が捕まらないのよ。」

裕一の作った『露営の歌』は、採用される。佐藤久志が歌うことになった。国民の心をとらえる曲になった。

『露営の歌』は、出征していく兵士の前で唄われるようになった。爆発的な大ヒットになった。

この曲のヒットにより裕一は時代の波に飲み込まれていく。ある日、廿日市が裕一の家を訪ねて来る。

「先生、露営の歌。何と50万枚突破です。まぁ古山先生は、いずれこうなると私信じてましたけどね。」

裕一のプレゼント

裕一の家に電話が取り付けられた。廿日市の根回しもあって付けることができた。音は姉の吟のところに連絡する。

「見たわよ新聞、裕一さんの名前のってたね。一躍時の人じゃない。」

裕一は、新聞にのるほどの人気作曲家になった。

1年後、裕一はオルガンを買った。

「音と華に何か贈りたかったの。露営の歌のヒット記念にさ、何かできないかなと思ってさ。家族みんなでさ楽しめるモノがいいなって。」

「ステキー、ありがとう。」

音は華のためにオルガンを弾いた。華は友人を家に呼んでいた。

「こっちこっち、早く。」

音は、華の友だちのためにオルガンを弾いた。華だけは一緒に唄おうとはしなかった。音は音楽教室を開くことを決めた。

「音の夢、いつか必ず叶えてあげたいな。」

音は、音楽教室のちらしを作っていた。そこへ、吟から連絡が入った。

「音、近いうちにそっちに行っていい?裕一さんがいる日を教えて欲しいの。」

吟は、夫・智彦と一緒に音の家に来た。

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」71話感想

コメント