【半沢直樹】9話あらすじと視聴率!伊勢志摩ステートに隠された箕部の過去を暴け

半沢直樹

半沢は、『伊勢志摩ステート』を調べようとしていた。社長の車からは、白井大臣の元秘書・笠松が降りて来た。

第9話、最終決戦!半沢ついに敗北か?真の黒幕は…。

「半沢直樹」9話視聴率

「半沢直樹」第9話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

「半沢直樹」9話あらすじ

半沢(堺雅人)は、合併前の旧東京第一銀行が箕部幹事長(柄本明)に貸し出した20億円もの融資の実態を探ろうとするが、亡くなった牧野元副頭取(山本亨)が不正な金を受け取っていた証拠を突きつけられ、手を引くことを余儀なくされる。

同じように箕部を追っていた金融庁の黒崎(片岡愛之助)にも箕部の魔の手が伸び、再び国税庁に異動させられてしまう。黒崎が最後に残した「伊勢志摩ステート」というヒントを手がかりに、半沢は伊勢志摩へと飛ぶ。空港で彼を待っていた人物とは…。
伊勢志摩支店の同期の協力を仰ぎ、伊勢志摩ステートの15年前の財務資料を徹底的に調べる半沢。さらに、思わぬの人物の姿を目撃するのだった。半沢の疑惑は確信へと変わっていき…。

半沢は伊勢志摩ステートに隠された秘密を暴き出し、倍返しすることはできるのか…!?

公式ページ引用:半沢直樹

クレジットファイルのメモ

『伊勢志摩ステート』の野川社長は、箕部の妻の甥にあたる。半沢は財務資料を探った。15年前、箕部は旧Tから20億の融資をうけていた。

「箕部は旧Tから借りた金をそっくりそのまま伊勢志摩ステートに転貸したってことですか?」

借りた20億を返済した記録はなかった。その年、伊勢志摩ステートは土地を購入している。今では伊勢志摩空港になっていた。

二束三文の土地を空港誘致にすることで儲けが出たはず。しかし、伊勢志摩ステートから箕部に金が流れた痕跡はなかった。

書庫センターでは、荻窪支店の資料がなくなっていた。半沢は大和田のところに向かう。クレジットファイルのコピーを見せてもらう。

タスクホースの野原は、34年前に父親の工場が倒産していた。その時に銀行担当が紀本の父親だった。銀行への恨みは深い。

政治家と銀行の癒着

半沢は、箕部のクレジットファイルに貼られてメモを解析する。伊勢志摩ステートの口座情報を見る。メモと同じ日に現金の引き出されていた。

中野渡は、牧野の真相を探ろうとした。智美と富岡を使って不正を暴こうとした。

「あなたは何年も前から、この不正を調べてたんですね。」

富岡が隠したダンボールには、不正の証拠は見つからなかった。だが、灰谷は紀本が賄賂を受け取ったことを認めた。紀本の銀行口座にも証拠が残っていた。

「あなたたちが背負わせたんでしょ。誰ひとり本当のことを言わず、保身に走り責任からのがれ。一方で圧力をかけた。あなたたちが牧野さんを殺したんだ。」

紀本が隠し持っていた書類は何者かに奪われる。半沢は大和田のところに向かった。そこには、中野渡と箕部が一緒にいた。書類は箕部に渡っていた。

「たとえ世間からの信頼が地に落ちても、我々自身の信念を捨てなければ銀行は必ず立ち直れるはずです。必要なのは頭取の覚悟です。」

半沢は書類の公開を求めた。中野渡は半沢を担当から外した。箕部と大和田は、半沢に土下座を求める。

「あなたのしたことは、懸命に働く全銀行員への裏切りに他ならない。とうてい許すことなどできない。」

半沢は、箕部・中野渡・大和田に1000倍返しを誓った。

見逃し動画配信サービス「半沢直樹」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「半沢直樹」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。

・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。

・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。

*無料サービス中に解約すると料金の発生はありません!

「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「半沢直樹」9話感想

コメント