【半沢直樹】5話あらすじと視聴率!帝国航空の不穏分子を探せ

半沢直樹

半沢は、『帝国航空』の再建を任されることになった。バンカーならではの目線で2週間の視察を行う。

第5話、悪徳政治家に倍返し大和田の狙い。

「半沢直樹」5話視聴率

「半沢直樹」第5話が放送されました。気になる視聴率は、25.5%でした。

「半沢直樹」5話あらすじ

IT企業・スパイラルの買収劇をめぐり、電脳雑伎集団の粉飾を突き止めた半沢直樹(堺雅人)は、東京中央銀行を救った立役者として本店への復帰を果たした。だが復帰早々、中野渡頭取(北大路欣也)から直々に破綻寸前の帝国航空の再建を任される。
帝国航空は日本の空輸を担い、まさに国を代表する大企業だが、近年の経営状態は決して芳しくない。しかし、労働組合やOBの力が強いため大胆な改革もままならず、もはや身動きが取れなくなっていた。

そんな矢先、新たに国土交通大臣に就任した白井亜希子(江口のりこ)が会見で帝国航空の大胆な改革を華々しく提案する。彼女によれば、弁護士の乃原正太(筒井道隆)をリーダーとした直属の再建チーム「帝国航空再生タスクフォース」を立ち上げ、帝国航空に債権を保有しているそれぞれの銀行に、一律7割の債権放棄を検討しているという。

もしこのプランが実現すれば、東京中央銀行はおよそ500億円もの債権を手放さなければならなくなってしまう。半沢は何としても帝国航空を自力再建させるため、帝国航空へと乗り込むが、そこには一筋縄ではいかない巨大な壁が待ち受けていた…。

出典:公式ページ

帝国航空の不穏分子は誰だ

『帝国航空』では、制服を定期的にリニューアルしていた。現場の意見を聞くこともなく広報と上層部だけで決めていた。

「どんなに素晴らしい伝統も、それに縛られて生きる力を失えば未来へ引き継ぐことはできません。」

半沢は再建案の草案をまとめた。帝国航空を変えていく姿勢を内外に見せることで会社は大きく変わって行く。前向きな案だった。

再建案がメールで流されてしまう。情報が漏れたことで社員たちは怒りだしてしまう。

半沢は、メインバンク『開発投資銀行』から呼び出される。

「そのメインバンクの手厚い支援が帝国航空を甘やかしてたのではありませんか?」

社内には不穏分子がいる。谷川は、その相手を見つけなければ再建はできないと判断した。

ピンチをチャンスに変える

『スパイラル』の瀬名は、メールの相手を特定した。伊勢志摩の丸岡と分かった。丸岡は東京のホテルにいた。

丸岡は、新政党『永田栄一君を元気にする会』に参加していた。帝国航空の永田宏もいた。

永田は、融資の一部を兄である永田議員に渡っていた。そのため、帝国航空への出向することになった。半沢は木滝を巻き込もうとしていた。

「それ以上近づかないで頂きたい。あなたからは、腐った肉の臭いがする。膿んでただれた肉の臭い、あなたの好物なんでしょう。」

説明会当日、半沢は丸岡商工の話を始める。2人で会っている証拠を見せる。永田は、確固たる証拠を見せろと開き直る。

木滝は、丸岡商工の発注伝票を調べていた。ツアーパンフレットの2万部に納品されたのはゼロだった。明らかな水増しだった。

「お前のような部外者がやりたい放題するためには、それを手引きする人間がいたはずだ。誰だ、言え。誰なんだ。」

丸岡は、永田からの命令だと認めた。水増しした金は政治献金にも流れていた。半沢は永田をコスト削減のため追い出す。

見逃し動画配信サービス「半沢直樹」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「半沢直樹」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。

・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。

・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。

*無料サービス中に解約すると料金の発生はありません!

「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

日曜劇場『半沢直樹』8/16(日) #5 国家権力と戦え! 巨大航空会社を救え!【TBS】

「半沢直樹」5話感想

コメント