【親バカ青春白書】3話あらすじと視聴率!ミスコンでさくらに告白ユーチューバーの大逆転

親バカ青春白書

さくらがミスコンに参加することになった。寛子と一緒にダンススクールに体験入部する。

第3話、ミスコンでユーチューバーが娘に告白!?波乱の大どんでん返し。

見逃した方はこちらか⇨「Hulu

「親バカ青春白書」3話視聴率

「親バカ青春白書」第3話が放送されました。気になる視聴率は、8.1%でした。

「親バカ青春白書」3話あらすじ

学園祭で開催されるミスコンにお金の匂いを嗅ぎつけた美咲みさき(小野花梨)が、グランプリの賞金目当てでさくら(永野芽郁)と寛子ひろこ(今田美桜)を勝手にエントリーする!人前に出ることが苦手なさくらは戸惑いながらも、流れで参加することに。

そんな中さくらと共にサークル探しを続けるガタロー(ムロツヨシ)は、寛子の所属するダンスサークルに体験入部。しかしそこには踊る寛子の姿を盗撮する根来ねごろ(戸塚純貴)が潜んでいた。底辺YouTuberから抜け出せない根来は、イケてる寛子のダンス動画で再生回数を伸ばそうとしていた。その姿を見たガタローは、バズる動画のアイデアを根来に提案するが……。

その夜。さくらがミスコンの一次審査を通過したことを知ったガタローは、娘が好奇の目にさらされることが受け入れられず大反対。さくらの出場を阻止すべくミスコン廃止に立ち上がるガタロー。しかしその前に意外な強敵が待ち受けていた!

引用:公式サイト

さくらがミスコンに参加

『ミス立青コンテスト』の2次審査が始まった。美咲はフィリップ芸を寛子はダンスを、さくらは自慢の梅干しを持参した。

「ウチのお父さん、学生のときお母さんの梅干し食べて好きになったんだって。」

さくらと寛子は、2次審査に通った。ガタローはデモを決行することにする。女性差別を主張するが深井にジャマされてしまう。

コンテストの最終選考、さくらは緊張していた。寛子は彼氏に反対されて辞退することになった。

「せっかくだからチャレンジしたい。私、いろんなことにチャレンジしてもいいんだよね。」

さくらは、自慢の梅干しを披露した。根来は舞台の上で、さくらに告白する。さくらは一度は了承するが、やっぱり無理と根来をふった。

ユーチューバーの大逆転

ミスコンの結果発表は、さくらが選ばれることはなかった。

「ウチのさくらは、世界一可愛いの。こういうのに出た以上、グランプリじゃなきゃおかしい。」

ガタローは舞台で文句を言い出す。さくらは特別賞に選ばれることになった。ガタローは納得した。

「もうちょっとで勘違いするところだったよ。」

さくらの優しさに畠山は自分のことが好きなのかと思っていた。

「諦めたら試合終了だよ。」

根来はYouTubeをやめようとする。寛子が動画を確認すると100万回再生されていた。

見逃し動画配信サービス「親バカ青春白書」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「親バカ青春白書」は、動画配信サービスHuluで配信されています。(未公開シーンも公開しています。)

・スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・無料で見放題になるサービスがあります!

詳しくはこちらから⇨「Hulu

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

約8分くらいでわかる「親バカ青春白書」第3話ダイジェスト

「親バカ青春白書」3話感想

コメント