【親バカ青春白書】最終話あらすじと視聴率!さくらの嫉妬とガタローの忘れられない人

未分類

美咲は酔ってガタローにキスをした。さくらは、その瞬間を見てしまう。

最終話、娘が豹変!!シェアハウスバトルの決着は?

見逃した方はこちらか⇨「Hulu

「親バカ青春白書」最終話視聴率

「親バカ青春白書」最終話が放送されました。気になる視聴率は、9.5%でした。

「親バカ青春白書」最終話あらすじ

小比賀家でのシェアハウス生活が続く中、美咲みさき(小野花梨)がお酒の席でガタロー(ムロツヨシ)にキスしたことに衝撃を受けたさくら(永野芽郁)が豹変!日常生活に支障をきたすほどの動揺を覚えていた。

一方、さくらの異変が自分への気持ちが冷めたためだと思い込む鈍感なハタケ(中川大志)は、失恋の予感に心乱される。エスカレートする美咲の行動にもやもやを募らせるさくらだが、ついにガタローをめぐる水面下のバトルが勃発!友情に影がさす中、さくらの異変にいち早く気づいたガタローの母・多恵たえ(高畑淳子)が香川から上京してくる。さくらは誰にも言えない胸の内を祖母に相談するが……。

一方、娘の心配をよそに順調に新作の打ち合わせを進めるガタローは、美咲に亡き妻・幸子さちこ(新垣結衣)とのある共通点を見つけていた……。男運のなさと向き合いながらもさくらに寄り添う寛子ひろこ(今田美桜)、YouTuberとして一皮むけつつ美咲への想いを諦められない根来ねごろ(戸塚純貴)と、青春の悩みがてんこ盛りの小比賀家。そんな中、多恵の話を聞いたさくらは、優しかった母・幸子の衝撃的な過去を聞き……。

引用:公式サイト

さくらの嫉妬

美咲がガタローのことが好きかも知れない。さくらは気持ちの不安定さから料理も作れなくなっていた。

「おばあちゃん、どうしよう。お父さんが再婚しちゃうかもしれない。」

ガタローが新作を出版したら、サインを書いて欲しい。美咲はガタローを指切りをした。その指切りの仕方が幸子に似ていた。

さくらは美咲に敵意をむき出しにしていた。ハタケは、さくらに嫌われてしまったと感じていた。さくらはキスの話を多恵にする。

「グレとったん?そりゃいかん。幸子さんと一緒や。」

幸子は、昔グレていたことがある。猛勉強して東大に合格した。そして、郷里が一緒だったこともありガタローと気が合った。

「美咲の好きな人ってガタローさん?」

根来は美咲の気持ちを聞き出す。諦められるくらいなら、この家にはいない。

「男の人って最低。」

ハタケは、さくらを押し倒すため寛子と練習をしていた。その姿を見られてしまう。

ガタローの忘れられない人

「さくらはな、自分のお父さんが再婚しちゃうかも知れないって悩んどるんや。」

ハタケは勘違いしていることに、やっと気がついた。

「ひとつだけあるとしたら、太郎ちゃんはちゃんと卒業させてあげたかったな。」

幸子は20歳で妊娠したため大学を辞めていた。ガタローは小説家になるために大学を辞めていた。だから今、娘と一緒に大学に行きたいと思ったのかも知れない。

「ごめん美咲。俺ずっと好きな人がいるんだよね。もう死んじゃってるんだよ。ありがとう美咲、すっごく嬉しい。」

美咲はガタローを好きになっていた。ガタローは今でも幸子のことが大好き。美咲はガタローを好きなフリをしたとごまかした。

見逃し動画配信サービス「親バカ青春白書」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「親バカ青春白書」は、動画配信サービスHuluで配信されています。(未公開シーンも公開しています。)

・スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・無料で見放題になるサービスがあります!

詳しくはこちらから⇨「Hulu

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「親バカ青春白書」7話感想

コメント