【エール】66話あらすじと視聴率!裕一に弟子入りと梅の新人賞

朝ドラ「エール」

田ノ上五郎は、裕一の弟子入りを志願した。突然のことで裕一も音も驚いていた。

第66話、田ノ上の弟子入りと梅の下宿。裕一と音は突然のことで戸惑う。

見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」66話視聴率

第14週「弟子がやって来た!」第66話が、9月14日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、18.7%でした!

昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」66話あらすじ

田ノ上の弟子入り

田ノ上五郎は、茨城県出身で13歳で奉公に出ていた。水戸納豆を手土産に持って来た。小山田のファンでもあった。

「いつか僕も先生のように作曲で身を立てたいと思って。」

『船頭可愛や』や『福島行進曲』、奉公先でよく聞いていた。裕一と音は話し合う。

「裕一さん、お弟子さん取りたいの?住み込みだよね。」

二人は、この話を断った。弟子を預かれるほどの身分ではない。田ノ上は、翌日から何度も家を訪ねてきた。

「どうしても先生の弟子になりたいんです。もう一度、先生と話をさせて下さい」

田ノ上は、毎日のように家に来て頭を下げた。とても臭い臭いがした。裕一が玄関を開けると田ノ上からの臭いだった。

梅の新人賞

裕一は、田ノ上を風呂に入れた。どうして僕を選んだのか?田ノ上は、『紺碧の空』を唄い出す。

「いつもこの歌に励まされて来ました。」

田ノ上は、奉公先から逃げて来ていた。家族はどこにいるかも分からなかった。

「僕、メシ食いません。その辺の葉っぱ食いますから。部屋も布団もいりません。庭で寝ます。早くに親に売られた僕には、ずっと居場所がありませんでした。先生のそばにいさせて下さい。」

裕一は、田ノ上の弟子入りを認めた。

梅が新人賞をとった。音のところで小説を書きたいと来ていた。年頃の二人が同居をするのはどうなのか?

「おかわり下さい。こんなうまい飯、久しぶりですいません。」

梅は22歳で新人賞をとった。梅の友人は14歳でとっていた。もう10冊も小説を出版していた。

「お父さん言っとった。負けを認めろって、そこから始まるって。」

あんなに頑なだった梅は変わっていた。柔軟なところが生まれたのは父・安隆のお陰かも知れない。

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」66話感想

コメント