【エール】95話あらすじと視聴率!裕一の決意これからも応援歌を作り続ける

朝ドラ「エール」
裕一は、原爆直後に永田が治療した現場に向かう。壁には文字が書かれていた。 第95話、裕一はずっと応援してきた。希望を持つ人々にエールを送る。 見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」95話視聴率

第19週「鐘よ響け」第95話が、10月23日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します! 昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」95話あらすじ

長崎の街に響く鐘の音

「母が亡くなった悲しみなど、みじんも見せんで。あの時の兄は、すさまじかったです。」 裕一は、壁の言葉を見せてもらう。どん底に大地あり。 「俺、ラーメン屋やめる。たまには顔出すから。」 智彦は、貿易会社に就職を決めた。ケンは寂しそうに俯いた。 「心配かけたな。」 吟は不思議そうな顔をした。 「鐘は2つあったんですよね。」 大きな鐘は、がれきの中から見つかった。みんなで掘り起こして飾っていた。 「家も愛する人も何もかも失った人たちが、何かにすがるように必死に金を掘り起こしました。そして、その年のクリスマスに初めて鐘をならしました。」 長崎の街に再び鐘が響き渡った。 「あの時の感動は一生忘れません。鐘の音が私たちに生きる勇気を与えてくれました。」

希望が未来を作る

「ようやく気付きました。ありがとうございます。」 「長崎の人は、先生の曲を待っとります。」 どん底まで落ちて、大地を踏みしめて初めて希望が持てる。その希望こそが国の未来を作る。 「戦争が終わった今、あなたにできることは何ですか?」 「変わりません。応援する歌を作り続けます。」 希望を持って頑張る人にエールを送る。裕一の仕事は、今も昔も変わらない。長崎からの帰りの列車の中、裕一は曲を書き上げる。 『長崎の鐘』は、山藤が歌うことになる。人々の心を打ち、裕一の代表曲になった。 「裕一さんの想い伝わりましたね。」 智彦の就職が決まり、豊橋の復興も進んだ。 「これからは野球。野球が戦後の日本を元気にします。融資してくれますよね。」 光子は、銀行に強気に出た。智彦は貿易会社に就職を決めた。

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している! ・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します! ・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント) ・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!
※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」95話感想

コメント