【エール】84話あらすじと視聴率!人を幸せにする裕一が作曲家として迷走

朝ドラ「エール」

裕一は、予科練から戻って来た。4ヵ月後、映画『決戦の大空へ』が公開される。

第84話、五郎は裕一に素直な気持ちをぶつける。どうか人を幸せにする作曲を。

見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」84話視聴率

第17週「歌の力」第84話が、10月8日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」84話あらすじ

人が幸せになる曲を

映画『決戦の大空へ』と主題歌・若鷲の歌は、どちらも大ヒットした。

「今、ラバウル航空隊の曲作ってます。歌はビクトリーレコードなんですよ。」

裕一は、戦争が始まってから売れっ子の作曲家になっていた。

「裕一さんの音楽は、人の心を湧き立たせる力があるから。今、認められるのかなって。」

「僕の曲で戦う人の力になるなら、それでいいかなーって。」

裕一のところに子どもたちが集まった。

「素晴らしい曲を作って頂き、ありがとうございます。」

梅と五郎が結婚の報告に来る。

「岩城さんのお陰です。ダメな俺に根気強く教えてくれて。」

裕一は、五郎の作曲した音符を渡す。結婚したら渡そうと決めていた。

「先生には、戦争に協力するような曲を作って欲しくありません。先生には、人を幸せにする音楽を作って欲しいんです。」

「僕の曲は人を幸せにしてないか?」

「先生の歌を聞いて、軍に志願した若者がたくさんいます。戦争に行く人が増えれば、ムダに死ぬ人が増えるだけです。」

「命をムダと言うな。」

裕一は、五郎を怒鳴りつけた。

若鷲の歌で決戦に向かう少年たち

「裕一さんは、自分が召集されなかったことを申し訳ないと思っとる。」

裕一は、戦争に行かなかったことで戦意高揚に傾いていた。

「怖いの。」

五郎は、キリスト教に入信していた。

「あの人、真っ直ぐすぎる。ちょっと不安。」

裕一と五郎は、すれ違ったままで豊橋に戻ってしまう。久しぶりに弘哉が来る。

「僕、予科練に合格したんです。」

映画『決戦の大空へ』を見て心が動いていた。

「裕一さんからもらったハーモニカを持って行きます。音楽教室、本当に楽しかったです。ありがとうございました。」

国のために頑張りたい。母は応援するしかなかった。

「弘哉くん、元気でね。」

裕一は、報国音楽協会に呼ばれる。慰問に行くことになった。

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」84話感想

コメント