【エール】98話ネタバレと感想!久志を苦しめた戦争の歌が憎い

朝ドラ「エール」

裕一は、『栄冠は君に輝く』を久志に歌ってもらおうとした。

98話、久志が変ってしまった。裕一と鉄男はその理由を知らなかった。

見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」98話視聴率

第20週「栄冠は君に輝く」第98話が、10月28日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」98話あらすじ

自分だけ不幸だと思うな

「そういう時は、少し距離を置いた方がいいかも。」

久志は、頑なになっていた。保と恵は、距離を置くようにと話す。

「今日は送って下さって、ありがとうございます。」

華は、隣の学生と一緒にいた。

「お父さんには言わないでよ、面倒くさいから。」

そこへ裕一が来てしまう。音は内緒にした。

「入るぞ、とりあえず何でもいいがら働げ。」

「まだ面倒臭いのが来た。どうしてみんな他人のお節介ばかり焼きたがるんだろうね。さっきも裕一が来たよ。」

裕一は、時代の波に乗るのがうまい。その言葉に鉄男が怒ってしまう。

「裕一は、どれだけ苦しんできたと思ってる。自分だけ不幸だと思ったら大間違いだぞ。誰もが大変だったんだよ、みんなそれ必死に乗り越えようとしてんだよ。」

鉄男は、久志の胸倉をつかんだ。久志は反論もしようとしなかった。

戦争の歌が原因

久志は、血を吐いて倒れてしまう。藤丸が目を離したすきにいなくなってしまう。

「久志―、久志。」

裕一と鉄男で探すが見つからなかった。

「何だかもう疲れちゃった。彼に関わってもすり減るばかり、でも見捨てることできない。バカよねー、私があの人のことダメにしちゃったのかな。」

久志は福島に向かったのかも知れない。父親が亡くなって1年が立つ、裕一は福島に向かった。

「戦争の歌なんか唄って、あんたんとこは戦犯みたいなもんだよ。」

父親が亡くなったとき、近所の人が話しているのを聞いてしまった。久志は、歌手になったことを喜んでくれてると思っていた。

「ひとり息子だからって好き勝手させるから。」

久志が歌手になったことで父親を追い詰めた。

「分からなくなったんだ、どうやって生きて行ったらいいのか。」

久志は家に戻る。藤丸が待っていてくれた。

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」98話感想


コメント