【エール】96話あらすじと視聴率!誇りを持って生きて欲しい吟の願い

朝ドラ「エール」
智彦は、貿易会社で働き始めて1ヵ月が立とうとしていた。 第96話、智彦と裕一は新しい道を歩こうとしていた。 見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」96話視聴率

第20週「栄冠は君に輝く」第96話が、10月26日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します! 昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」96話あらすじ

智彦の悩み

「同期がラーメン屋なんて恥ずかしいからな、笑い者されてるの見てられないだろ。感謝してくれよ。」 智彦は、会社の帰りにラーメン店を除く。その近くにはケンが眠っていた。 「おい、久しぶり。チョコレート持って来たぞ。」 ケンは具合が悪くなっていた。智彦は病院に連れて行く。吟には友人と紹介する。 「ほっとけないから、強引に連れて来ちゃった。」 吟はケンを家に連れて帰る。その夜、智彦と晩酌に付き合う。 「そんなにいける口だったのか?」 智彦は、何かに悩んでいる様子だった。 「お願いします。今日はちゃんと話して下さい。」 「会社に誘ってくれた夏川が言ったんだ。同期がラーメン屋なんて恥ずかしいって。言われた時、ものすごく怒りが沸いた。」 智彦は、自分の気持ちが分からなかった。

自分が歩きたい道を

「人のために命を燃やせるのがあなたの誇り、そう信じて私はあなたについてきました。」 貿易会社でもラーメン屋でもどちらでもいい、その生き方ができる選択をして欲しい。吟の願いは、それだけだった。 「ありがとう。」 翌日、智彦は貿易会社に退職届けを出した。 「あそこのラーメン屋は、うまいんだ。」 ラーメン屋の店主に頭を下げて、もう一度雇ってもらう。その後、天野は代々木に店を構えて屋台は智彦が引き継いだ。 「お前、ラーメン屋手伝え。ウチに住み込みで。吟も望んでる、頼む。」 智彦は、ケンと一緒に暮らすことになった。 「うまい、うまい。」 裕一と音は、智彦のラーメンを食べに行く。ケンは焼き豚を作れるようになっていた。 ビルマで一緒になった大倉が訪ねて来る。高校野球の作曲を依頼してきた。 「未来の子どもたちを応援できる曲を作れるのは、古山先生しかいないと確信したんです。」 音は、『ラ・ボエーム』のオーディションを勧められる。音は、裕一と華に相談して応募を決めた。

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している! ・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します! ・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント) ・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!
※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」96話感想

コメント