【共演NG】1話あらすじと視聴率!殺したいほど愛してた波乱の記者会見

共演NG

テレビ東京ドラマ「共演NGが10月26日(月)からスタート。主演を中井貴一さんと鈴木京香さんが演じている。

第1話、殺したいほど愛してた…波乱の会見!? 禁断の愛再燃

「共演NG」1話視聴率

「共演NG」第1話が放送されました。気になる視聴率は、6.6%でした。

「共演NG」1話あらすじ

共演NGの二人

遠山英二と大園瞳が共演することになった。結婚したい俳優No.1と上司にしたい女優No.1の二人は、かつて恋人同士だった。

テレビ東洋の連続ドラマ『殺したいほど愛してる』で共演することになっていた。二人は、遠山の浮気によって別れてしまった。

制作発表は、ホテルで行うことになった。入り口からネット配信されていた。二人の車は接触してしまう。

車から降りた二人は、抱きしめ合った。舞台挨拶では、接触事故の原因をなすりつけあった。

「いくつになっても誰かを愛し、愛されたいと思ってるんじゃないですか。でも、私はこれまで生きて来て同時に二人の人を愛したことがないものですから。」

遠山に対する嫌味だった。企画・脚本・キャスティングは、市原龍が行うことになっていた。市原は、共演NGの二人をキャスティングした。

与謝野・M・リリカは、PR担当をする。25年前の破局会見の話をしだすとバズった。

殺したいほど愛してた

「当時、遠山さんは大園さんのことを殺したいほど愛してたんですか?」

遠山は答えなかった。そして、25年前の破局会見の映像が流れた。

「遠山英二さんが愛した人が、私ひとりではなかったと言うことです。でも、この悲しみにはきっと未来があると信じてさよならは。」

大園はセーラー服と機関銃を唄い出した。涙の記者会見だった。遠山は無理やり制作発表を中止した。

遠山は大園をかばった。制作サイドのミスを責めるが、正義感ぶった態度が大園を怒らせる。

「愛してたんだ、殺したいほど。」

「私だって愛してたわよ。」

二人の動画は、記者たちに流されていた。このドラマは、共演NGばかりの俳優が揃っていた。遠山は25年前を思い出していた。

「あのくらいの子がちょうどいいんじゃない。はっきり言うけど今の私には、あなたは不釣り合いよ。役者としても男としても、さよなら。」

大園は別れを自分から切り出していた。大園の部屋には、

見逃し動画配信サービス「共演NG」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「共演NG」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。

・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。

・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。

*無料サービス中に解約すると料金の発生はありません!

「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「共演NG」1話感想

ドラマ「共演NG」は、キリンとサントリーが提供しています。どうにか共演OKになったとネットでは話題になりました。これからが楽しみなドラマです!

コメント